ワーキング・ホリデー制度とは、二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が、相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国・地域において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。

我が国のワーキング・ホリデー制度は、1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり、1985年にニュージーランド、1986年にカナダとの間で開始されました。

その後、1999年4月から韓国と、同年12月からフランスとの間で開始されました。更に、最近では、2000年12月からドイツ、2001年4月から英国、2007年1月からアイルランド、2007年10月からデンマーク、2009年6月から台湾、2010年1月から香港との間で開始されています。外務省ホームページより)


ということでそれをぼくなりに要約してみると、


「国際交流のために外国の若い人たち

 私たちの国を良く知ってもらうチャンスをあげますから

 よかったらどうぞしばらく滞在してくださいね。

 でも若い人たちはお金もそんなにないでしょうし

 その間の滞在費も必要ですから、

 その足しになるようにちょっとくらいなら仕事をしてもいいですよ」


という制度です。


そして、その制度で日本人の若者を受け入れている国が、現在はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、英国、アイルランド、デンマーク、台湾、香港の計11ヶ国あるということです。(ちなみにワーキング・ホリデー制度は、「二つの国・地域間の取り決め」に基づくため、それぞれ内容が微妙に異なります。)


ぼくはそのうちの3ヶ国(ニュージーランド、オーストラリア、カナダ)に、ワーキング・ホリデー制度(通称ワーホリ)を使って滞在したことがあります。

初めてワーホリで行った国はニュージーランドで、2002年12月から1年間、日本と同じように今年地震で大きな被害にあったクライストチャーチに滞在しました。



そして、昨日とても嬉しいことに、その時に同じバックパッカーズホステルで出会った大阪の友だちが名古屋を通り過ぎるついでにわざわざぼくのところへ訪ねてきてくれました。

今となっては普段あの頃のことを思い出すことは滅多にないんですが、約8年振りに会うということで久し振りに懐かしい記憶がよみがえってきたり、ちょっとそれからこれまでを振り返ったり思い出したりしてみました。


今ぼくはニュージーランド人の奥さん、アンドレアと結婚していますが、実はアンドレアと出会ったのはニュージーランドのワーホリ時代ではありません。しかも、まさかあの頃は自分が将来外国人と結婚することになるとはこれっぽっちも思っていませんでした。


しかし、英語の勉強のためになるはずの語学学校にも2週間しか行かず、仕事も4日ほどしただけであとは、芝生の広場で毎日のようにサッカーしたり、タッチラグビーをしたり、テニスをしたり、ゴルフをしたり、乗馬をしたりと遊んでばかりで、ほとんど英語が上達しなかったダメホリ(ダメなワーキングホリデーメーカー)なぼくでしたが、それでも現地で過ごした時間というのは、その後の人生やそれまでの価値観を変えるには十分過ぎるほどで、非常に貴重な経験でした。(もちろん、もっと充実させることはできたはずですが・・・)


あのとき、ニュージーランド人や他の外国人の男子と日本人の友だちと変わらないくだらない話をしたり、ニュージーランド人女性から告白されたり(!)した経験は、自然と「外国人も自分となんら変りない同じ人間だなー」っと心で受け入れられるきっかけにはなりました。


今ぼくは、いわゆる「国際結婚」をしているわけですが、実は自分が「国際結婚」をしたと思ったりすることは正直これっぽちもありません。


婚姻届の提出がちょっとめんどくさかったり、妻の帰省先がちょっと遠かったり、サッカーの国際試合で別々の代表チームを応援したり、夫婦の会話の半分くらいは聞き流していたりするようなことも、それもおそらく「国内結婚」しているカップルとそんなに変わるものではないだろうと思っています。


となんとか、どうでもいいようなことを書いているうちに、結局自分は何を言いたくてこの話になったのか全然分からなくなってきましたが、そうそう、ワーキング・ホリデー制度というのは若者にとって、とても「使える制度」だということを改めて思い出したということを言いたかったんです!

なので、ワーホリについてもう一度自分の中で盛り上がってきたので、ちょっとしばらくの間、ワーホリに行きたいと思っている人を熱く応援していこうと思ってます!!

ワーホリに行きたい人は遠慮なくご相談ください。(分かる範囲内でお答えします。)

Comment
MASAさんへ、
こないだはありがとう!
嬉しくてつい長居してしまってごめん。
でも、いろんな話を通して自分の思いを反芻できたような
気がするよ(^^)
みんなキラキラしてて素敵でした。
立ち寄って良かったです!
  • Yoshiko
  • 2011/07/11 23:52
>Yoshikoちゃん
お!こちらこそわざわざありがとう。
こっちのブログも見てくれたんだね〜(*^^*)
おれも改めて考える機会をもらえてよかったよ!
どんどんやりたいことやっていこうね〜!!
  • いっちゃん
  • 2011/07/14 13:42





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ワーホリビザ申請~ニュージーランド編~
    HRK
  • まいたび100日目!:ジョセフィーヌ、アシュリー、サマンサ(アメリカ人)
    ナツ
  • ロシア料理 ロゴスキー ※ネタばれ注意!
    Mariko
  • 進化したおにぎり!?「デコおにぎり」
    いっちゃん
  • 進化したおにぎり!?「デコおにぎり」
    Andrea
  • ワーホリに行きたい人を応援します!
    いっちゃん
  • ワーホリに行きたい人を応援します!
    Yoshiko
  • オリジナルTシャツ
    いっちゃん
  • オリジナルTシャツ
    sakie
  • Let's go surfing! サーフィンに行こう!
    いっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM