ぼくが海外を旅した後に、「若者たちが地域の中へ積極的に関わりながら活き活き暮らせる社会を作るためには」をテーマに見つけたのが、コミュニティ・ユース・バンクmomoのボランティア、momoレンジャーでした。

実は、旅人の英語学校を始めてからはなかなか参加できていないんだけど、一応3年ほど前からmomoレンジャーをさせてもらっている関係で声をかけてもらい、momoの一年の活動報告の場でぼくのやっている活動として「旅人の英語学校」を紹介させてもらいました。



ブースには、普段の生徒さんが楽しそうにしている写真をメインに展示しました。





途中、5分の活動紹介の時間があったので、旅人の英語学校ができるきっかけとなったシンボル的なぼくのバックパックを背負ってお話をさせて頂きました。








未だになかなか旅人の英語学校の説明をうまくできないのが情けないですが、この僕らのコミュニティの素晴らしさは言葉にするのが難しいんですよね。


ここ最近、急に5人もの多くの方に体験レッスンのお申込のご連絡をいただきました。みなさん、非常にユニークそうな方たちばかりです。続々と集まってきてくれる仲間たちのお陰で旅人の英語学校は進化し続けています。

いつも支えてくださる生徒さん、先生、スタッフ、その他にも応援者してくださっているたくさんの皆様、ありがとうございます。




感謝祭を準備運営してくれたmomoのみんなお疲れさまでした!素敵な場をありがとう!
 



先日ご案内した旅人EXPOでは、旅人の英語学校は同じくぼくが代表を務める国際協力団体ココアゴラと共同で「ワールドトラベラーズ」と題した、旅のお話を通して新しい出会いや交流をするスペースのコーディネートをしました。


旅人の英語学校からは、Saekoちゃんが交換留学で一年間滞在したフィンランドのお話とSakiちゃんが大学時代に一年間休学して入った世界一周バックパッキング旅行のお話をしてくれました。




猛暑もあって午後の早い時間帯は人手が少なかったのですが、夕方涼しくなるに連れて段々と参加者も増えてきて、みんなざっくばらんに質問したりとても興味深く話を聞いていました。



堀川沿いに畳を敷いてという会場でしたのであまりたくさんの人にいっぺんに話を聞いて頂くことが困難でした。また会場を改めて旅話をする企画を作りたいと思います。

今日は先日、旅人の英語学校のみんなで参加したチャリティ・フットサル大会でぼくが代表して預かってきた義援金をレスキューストックヤードさんへ持って行ってきました。(タイミング合わずに一週間以上も時間が開いてしまってすみません。)

レスキューストックヤードは、災害時の緊急救援・復興支援活動、日常は地域防災・災害時要援護者支援、災害時に役立つネットワークづくりを中心に活動している名古屋のNPO法人です。 http://rsy-nagoya.com/rsy/




事務所は名古屋栄、地下鉄「久屋大通」駅そばにあります。




表の看板には東日本大震災ボランティア活動支援募金へのご協力を呼びかけているチラシがあってありました。




事務所へ続く階段に活動紹介の掲示板がありました。



事務所の写真は撮りませんでしたが、



事務局スタッフの大谷さんに募金を渡しているところを一枚お願いしました。




フットサル大会での体育館使用料などの経費をひいた参加費と会場の募金箱に集まった合計42,300円です。みんなの気持ちを被災された方々の長期に渡る生活再建のための一部としてしっかり使ってもらいましょう。


今回、一緒にフットサル大会に参加してなんと準優勝をした松井さんも寄付を募ってレスキューストックヤードさんに募金されています。(松井さんはLionというドイツ国際平和村へのチャリティ・クラブイベントを企画されています。)
http://lion-jbs.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9d2a.html
以前、旅人の英語学校で企画したチャリティパーティーの時にも松井さんにはご参加頂きました。そのとき集まった15,000円の内の半分7,500円もレスキューストックヤードに寄付しました。(もう半分はNZ地震への復興支援です。)


最後にレスキューストックヤードのブログよりご案内します。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/
-------------------------------------

★現地で活動するボランティア募集中です!
【募集】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア第 11陣、第12陣、第13陣、第14陣
詳しくは以下をクリック
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/05/11121314.html
※未成年の方で参加を希望される方向けの保護者の同意書を用意しました。こちらも上記ブログ記事よりダウンロードしてご覧ください。

★土曜日はメッセージ募金も行っています!
【募集】東日本大震災の街頭募金( 5/14<土> )
詳しくは以下をクリック
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/05/-514-1.html

★ボランティア活動支援金にご協力を!
郵便振替またはクレジットカードでもボランティア活動支援募金をお願いしています。
【1.郵便振替】
口座番号 00800-3-126026 
加入者:特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 ※通信欄に「東日本大震災」とご記入ください。
【2.クレジットカード】
VISA又はMastercardをお持ちの方は、1口2,000円より、こちらのURLから寄付して頂けます。
https://www.canpan.biz/products/list.php?category_id=84
※上記のページから「寄付」をお選びください。
※団体へのメッセージ欄に「東日本大震災」とご記入ください。

生徒のMegumiちゃんのお友だちで以前にスクールパーティーに遊びに来てくれたKyokoちゃんと2年間の世界一周旅行をしていたYumemiちゃんが旅人の英語学校に遊びに来てくれました。

二人は「なやばし夜イチ」というナイトマーケットを月に一度、堀川にかかる納屋橋から錦橋までの川沿いで開いている実行委員会の中心メンバーです。

6/25(土)には「タビビトEXPO」というのを企画しているそうで、「旅人」つながりでその相談に来てくれたのでした。(詳しくは「なやばし夜イチ」ブログで。)

ぼくとしてはYumemiちゃんの「タビビトEXPO」への想いにはとても共感できるので、協力できることはさせてもらおうと思ってます。たくさんの人を巻き込んだイベントにしたいということですので、それについてぼくなりのアイデアもお話ししました。

その中の一つとして、「たくさんの旅人たちが入れ替わり立ち代わりで旅の話をするブースはどうか」と提案させて頂きました。まだ詳細については今後つめていくことになりますが、旅人のみなさんにはぜひご協力頂き、「タビビトEXPO」にご来場頂いた参加者のみなさんと経験をシェアして頂けると、どんどん新しいつながりも広がっていくことになると思います。

「タビビトEXPO」がきっかけになって新しい旅人たちがどんどん増殖するとうれしいな〜。

今日はMemeちゃんとSakieちゃんがレッスンがないにも関わらず、
今日レッスンがあるEriちゃんの終わるのを待ってラウンジで
勉強してました。

Memeちゃんは、小学校英語指導者資格取得を取るために
AEONにも通ってて、うちにも来てくれてるんですよ!
勉強熱心!





ということで、ちょっと教科書を見せてもらったけど、
えーこんなに難しいの〜!

なんか英会話の並び替えとか、子供の頃から国語も苦手だった
ぼくには難しすぎるんですけど〜。





でもMemeちゃんもこんな感じで悩んでました(笑)


そしてEriちゃんが終わってからはまたいつものHUBへ行ったとさ。

大学の春休みを利用して1ヶ月間ロサンゼルスに語学留学していた
Masayaくんが久し振りにレッスンに来て元気な顔を見せてくれました!


ラスベガス土産のマカダミアナッツチョコレートと一緒に。

すごく楽しかったみたいでよかったです。


「英語は上達した?」の質問に、

「ジェスチャーがうまくなりました!」と答えてくれましたよ(笑)


でもそれでOK!身体を使ってコミュニケーションをするというのは
日本にいてはなかなかできない経験ですし、異文化の空気を
感るというのが大事!今度はカナダに行きたいことだし、
それまで日本にいる間に英語ももっと勉強しよう!
(実際はレッスンをしたらすごく上手になっていましたよ〜〜!!)



前回は風邪でお休みしなくちゃいけなかったKumikoちゃんも
元気に来てくれました。

最近は自分にあう英文法の本も買って自主的に勉強をしてるみたいで
ぼくもとってもうれしいです(^^)




午後は、友だちが紹介してくれた活動、東北関東大震災の被災地へ支援物資を運ぶDonation Driveに少しですが、ぼくも支援物資を届けに行きました。

場所はヒルトン名古屋だったのですが、たくさんの外国人たちが日本の被災者の方たちのために一生懸命ボランティアでがんばってくれていて、日本人としてはとても嬉しかったです。



前日のウォーキングツアーに参加してくれたTamも
集まった物資を仕分けする作業を忙しくがんばっていました。




まだ支援の手が届いていない小さな集落も多いと聞こえてきます。
一人でも多くの困っている被災者の方々の手に届きますように。
みんなありがとう!


旅人の英語学校でも、現地に直接届けてくれるホープに運んでもらう
支援物資を代理でお預かりします。

必要とされている物資: 
オムツ- 大人用と赤ちゃん用※
新品のほにゅう瓶
赤ちゃん用粉ミルク※
赤ちゃん用おしりふき※
生理用ナプキン※(タンポンはご遠慮ください)
鎮痛剤※
風邪薬※
花粉症薬絆創膏と消毒薬※
ホッカイロ※
マスク※
インスタントラーメンなどの長期保存食
電池
ラジオ
折りたたみ式自転車
ダンボールとガムテープ(物資の包装と運送のため)
※マークで示されている物資は、新品で未開封のものである必要があります。

名古屋駅そばの立地条件にありますので、ぼくらにもできることで協力します。
ぜひ皆さんもよろしかったらご協力ください。

ぼくがボランティアでやっている活動の一つに大ナゴヤ大学というのがあります。

それは正規の大学ではなく生涯学習を推進するNPOで
「街中がキャンパス」「誰でも生徒・誰でも先生」「登録・授業料は無料」の
このナゴヤの周りで暮らすだれでも参加できる活動です。


興味がある方は、こちらのホームページをご覧ください。



ぼくはそこで授業コーディネーターというのをしているのですが、
その企画の一つで、名古屋駅から名古屋城までの街歩きを楽しむ
ウォーキングツアーを実施しました。


声で楽しむ、旅の物語―観光ルートマップ―
「なごや旅12話」記念イベント
〜外国人と一緒に楽しむ名古屋城登城ウォーキング〜


もちろんこんな楽しそうなイベントなので、
旅人の英語学校の先生や生徒さんにも声をかけて
平日の昼間でも時間をつくることができた少しの方が参加してくれました。




名古屋駅を出発して



お地蔵さんをみたり、



昔ながらの商店街を歩いたり



お好み焼きを食べたり



宗教上、口にするものが決まっている外国人にも中身を説明したり



名古屋駅そばの古い街並みを歩いたり



ただ歩いているだけで楽しくてはしゃいじゃったり



大判焼きもいつになく美味しかったり



アパートに囲まれた中庭にあるムクノキを見上げたり



名古屋城前でみんなでグループ写真を撮ったり



加藤清正と写真を撮ったり



金鯱とも記念撮影したり



はち丸くんとも写真撮ったり





街歩きの感想をみんあでシェアしたり…。

MikeもSaekoちゃんもSakieちゃんも、グループを代表して発表までしてさすがうちの先生、生徒さんですね!(笑)


仲良くなった外国人の友だちもできて楽しかったね!


個人的になんですが、大ナゴヤ大学という生涯学習を推進するNPOで授業のコーディネーターもボランティアでしています。

その活動の企画で、岐阜県可児市と愛知県犬山市にまたがったエリアにある遊歩道へハイキングへ行ってきました。


天気が良くて、上からは木曽川の流れが見え、遠くには御嶽山も眺め見ることができました。

鳩吹山は標高313mの小さな山で山頂までゆっくり歩いても一時間ほどで登ることができます。せっかく名古屋から名鉄電車でたった50分ほどの近いところに、こんなに素敵なハイキングスポットがあるんだったら、外国人の先生にも紹介してあげたいし、生徒さんも知らないだろうから、みんなでハイキングに来てみたいですね!


ちなみに、一緒に参加した大ナゴヤ大学の学長、シンヤスさんが当日の様子をブログでアップしてますのでご紹介しときますね。


今日は生徒のKoseiくんとRomeoがスタッフをしている「超」就活セミナーというイベントにご招待頂き若者のみなさんたちとのお話を楽しんできました。



とっても素敵な学生、若手社会人、ゲストスピーカーのみなさんと出会って刺激を受けることができたとても貴重な体験でした。






書家の沙扇さんのパフォーマンス。これほどまでに習字を美しいと思ったのは初めての経験かも?



ぼくは現在のこの旅人の英語学校、そこへ至るまでの過去の経験、そしてこれから目指す未来の目標のお話をさせてもらいました。

とてもうれしいことに僕の話をとても真剣に聞いてくれて終わってからもまた話しかけてくれた方が何人もいらっしゃいました。彼ら彼女らの夢と僕の夢が重なるのであれば、色んなことを一緒に楽しんで必ず夢を実現させたいなと想います。




旅人の英語学校で前売チケット販売のお手伝いをしているイベントのご紹介です。




『ジャンボ!アフリカ』 〜ケニアの子ども達とマサイ族〜 



初来日のマサイ族の方によるサバンナ生活の話あり、

大自然、野生の動物たちの映像あり、



アフリカ楽器のライブあり、




スラムの子どもたちの話ありあり、

大変盛りだくさんのイベントとなっております。 


アフリカの、現地の、生のトークを聞く絶好の機会だと思いますので、「アフリカ」「旅」「こども」「国際協力」「スラム」「自然」「エコ」「民族楽器」などのテーマに関心のある方は、新しい世界をもっと知る機会にもなると思います。ぜひお友だち、ご家族もご一緒に参加されてみてはいかがでしょうか? 



================ 
『ジャンボ!アフリカ』 
〜ケニアの子ども達とマサイ族〜 
================ 

マサイの戦士が、名古屋へやってくる! 

鮮やかな赤い布をまとい、ジャンプする―――。 
TV番組で取り上げられることが多くなった「マサイ族」。 
知っているようで知らない彼らの素顔、そして今抱えている問題とは? 
アフリカに所縁がある4人のゲストを迎え、トーク&ライブ。 

◎早川千晶さん http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3656418 
ケニア在住のフリーライター・撮影コーディネーター 
アフリカ最大スラム街「キベラスラム」で寺子屋マゴソスクール主催 
http://misia.ocn.ne.jp/childafrica/ 

◎ジャクソン・オレナレイヨさん 
◎永松真紀さん 夫妻 
ケニア在住のマサイ戦士と第二夫人 
著書「私の夫はマサイ戦士」(新潮社) 

◎近藤ヒロミさん 
沖縄県在住の音楽家 
6年に渡り、アフリカ大陸の約20カ国で音楽修行。 
日本全国で、ムビラ・カリンバなどのライブを繰り広げている。 

会場に足を踏み入れた瞬間、そこに広がる「アフリカ」を感じにきて下さい! 

実施:2010年 6月20日(日) 
開場:13:00/開演:13:30/閉演16:00(予定) 
場所:本山生協ホール4階 多目的ホール 
   名古屋市千種区稲船通1-39 
   地下鉄東山線「本山駅」4番出口より徒歩2分 
   ※駐車場はございません。 
入場料:一般前売1500円(当日2000円)中高生1000円 
主催:ジャパンエクスプローラーズ 
後援:ランダムネス 旅人の英語学校 
   ピースボートセンターなごや 
チケット販売店: 
   旅人の英語学校(名古屋駅前) 052-563-5046 担当市野 
   フェアトレードショップ 風's(ウィルあいち1階) 
   ピースボートセンターなごや(名古屋駅西) 担当村上 
定員:200名(先着申込順で定員になり次第〆切らせて頂きます) 
問合せ:japanexplorers@gmail.com 
氏名・電話番号・住所・mail・チケット枚数・同伴者名 
を記入の上、申し込み下さい。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ワーホリビザ申請~ニュージーランド編~
    HRK
  • まいたび100日目!:ジョセフィーヌ、アシュリー、サマンサ(アメリカ人)
    ナツ
  • ロシア料理 ロゴスキー ※ネタばれ注意!
    Mariko
  • 進化したおにぎり!?「デコおにぎり」
    いっちゃん
  • 進化したおにぎり!?「デコおにぎり」
    Andrea
  • ワーホリに行きたい人を応援します!
    いっちゃん
  • ワーホリに行きたい人を応援します!
    Yoshiko
  • オリジナルTシャツ
    いっちゃん
  • オリジナルTシャツ
    sakie
  • Let's go surfing! サーフィンに行こう!
    いっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM